税法上の「 資本金 」とは、

 

まず、税金の話にでてくる、課税区分における「 資本金 」についてですが。

税法には「 資本金 」を特別説明していません。

なので、税法で「 資本金 」とある場合には、あくまでも、登記されている「 資本金 」に限定し、その他の資本勘定項目は含まれないと考えていいと思います。

 

 

税法上の「 資本金等 」とは、

 

「 法人税法 」における「 資本金等 」は

法第2条 第16号 に定義されています。

資本金等の額 法人が株主等から出資を受けた金額として政令で定める金額をいう。

この定義によって、資本金等とは名目の如何によらず、実質的に、資本取引による会社資産に組み込まれた資金の総計であると推測できます。

では具体的に定めた政令を見てみましょう。

法人税法施行令第8条です。

なんとも膨大な文章で検証するのを躊躇したくなります。なので、この政令をある程度まとめて、大胆に意訳しながら、なるべく手短くしてみましょう。おそらく、99%の方が実法令を読まないと思いますが、真摯に条文を当たったという、記事の信憑性を担保する意味で文末にまとめて掲載しておきますので、具体的に該当する箇所のある方々は詳細に検分ください。

企業会計の世界では、自己資本を、株主が出資した「拠出資本」と、その出資を運用して得た利益からなる「稼得資本」に区別します(資本・利益区分の原則)。

拠出資本に該当するのが「資本金」「資本剰余金」、稼得資本に該当するのが「利益剰余金」です。

税務上もこれに対応する形で「資本の部」を区分しています。

「拠出資本」に該当するのが「資本金等の額」、「稼得資本」に該当するのが「利益積立金」です。

したがって、「資本金等の額」は、ほぼ会計上の「資本金+資本剰余金」に相当します。

参考

法人税を申告する際に、「資本金等の額」について>>>申告書別表5(1)を使い、資本金等の計算に関する明細書を提出しています。この書面をもとに各社の「資本金等」が決定されます。

 

この政令の基本構造

 

A1号から第12までに掲げる金額の合計額

B=13号から第22までに掲げる金額の合計額

「 資本金等 」= 資本金+{(過去)A-B}+{(当該年度)A-B}

なぜ、設立以後、現在までのA-Bではないのか?

 

第8条 法第2条第16号(定義)に規定する政令で定める金額は、同号に規定する法人の資本金の額又は出資金の額と、当該事業年度前の各事業年度(当該法人の当該事業年度前の各事業年度のうちに連結事業年度に該当する事業年度がある場合には、各連結事業年度の連結所得に対する法人税を課される最終の連結事業年度(以下この項において「最終連結事業年度」という。)後の各事業年度に限る。以下この項において「過去事業年度」という。)の第1号から第12号までに掲げる金額の合計額から当該法人の過去事業年度の第13号から第212号までに掲げる金額の合計額を減算した金額(当該法人の当該事業年度前の各事業年度のうちに連結事業年度に該当する事業年度がある場合には、最終連結事業年度終了の時における連結個別資本金等の額(当該終了の時における資本金の額又は出資金の額を除く。)を加算した金額)に、当該法人の当該事業年度開始の日以後の第1号から第12号までに掲げる金額を加算し、これから当該法人の同日以後の第13号から第212号までに掲げる金額を減算した金額との合計額とする。

 

各号の要約

1

株式の発行や自己株式の売却など、資本を増やす目的で払い込まれた金額のうち、資本金として計上しなかった部分。ただし、株式の発行のうち、「 新株予約権の行使 」「 合併 」「 組織改変 」等々( イ~リ)を前段の株式の発行から除いている。

新株発行や現物出資や組織改変などがからんでいない会社、つまりは大抵関係なく、資本金と資本準備金や資本剰余金とイコールとなるだろう。

2

1で一旦否定した、新株予約権の行使に際し、払い込まれた金銭や現物の価額をここで復活( なんともややこしい)

3

2と同様の構造で、取得条項付新株予約権に際し、払い込まれた金銭や現物の価額

4

協同組合等及び次に掲げる法人が新たにその出資者となる者から徴収した加入金ほか

5

( 1で除害した項目の復活 )合併により移転を受けた資産及び負債の純資産価額など

6

( 1で除害した項目の復活 )分割型分割により移転を受けた資産など

7

( 1で除害した項目の復活 )分社型分割により移転を受けた資産など

8

( 1で除害した項目の復活 )適格現物出資により移転を受けた資産など

9

( 1で除害した項目の復活 )適格現物出資に該当しない現物出資により増加した資本金の額など

10

( 1で除害した項目の復活 )株式交換により移転を受けた株式交換完全子法人の株式の取得価額など

11

( 1で除害した項目の復活 )株式移転により移転を受けた株式移転完全子法人の株式の取得価額など

12

資本金の額又は出資金の額を減少した場合のその減少した金額に相当する金額

13

配当で生まれた「 利益剰余金

14

資本又は出資を有する法人が資本又は出資を有しないこととなった場合の持分( 注

15

分割法人の分割型分割の直前の資本金等の額に当該分割法人の当該分割型分割に係る法令で定める割合を乗じて計算した金額

16

現物分配法人の適格株式分配の直前の帳簿価額に相当する金額

17

現物分配法人の適格株式分配に該当しない株式分配の直前の資本金等の額に法令で定める率を乗じて計算した金額

18

資本の払戻し等に係る減資資本金額 ( 有償減資  12 でプラスしてここで引く )

減資で資本金が下がり、12で足して18で引くから、結果資本金だけが残る

19

出資等減少分配  通常の分配は利益処分であるが、資本金を削る結果になる分配の場合は、有償減資的な性格を有する。

20

自己株式等の取得の対価

21

自己株式の取得の対価

22

組織改編による資本取引にともなうみなし配当など

注 )課税から非課税法人への移行などと思われる。

 

注 )課税から非課税法人への移行などと思われる。

 

 

国とは違う!追加!!事業税・住民税の特例規定

 

平成27年度税制改正により、平成27年4月1日以後に開始する事業年度に適用される法人住民税の均等割の税率区分の基準となる資本金等の額が改正されました。

この改正により、欠損のてん補に充てる無償減資などで、法人住民税の均等割の税額を抑えることが可能になりました。

変更点

法人税法上の「資本金等の額」+無償増資額-無償減資等による欠損填補

ただし、資本金+資本準備金に満たない場合は、「資本金+資本準備金」

(※1) 無償増資額

「利益準備金」又は「その他利益剰余金」を資本金に振替えたもの(平成22年4月1日以後)。

「その他資本剰余金」を「資本金」に振替えた金額は含まれません。

(※2) 無償減資等による欠損填補額

無償減資や、資本準備金減少により欠損填補を行った金額。

(H13 4/1~H18 4/30)

資本金又は資本準備金を、「その他資本剰余金」に振替後、1年内に「その他利益剰余金」(※)のマイナス部分に充てた金額

(H18/5/1以後)

 

 

 

「 法人税法施行令 」第8条 全文

 

1 株式(出資を含む。以下第10号までにおいて同じ。)の発行又は自己の株式の譲渡をした場合(次に掲げる場合を除く。)に払い込まれた金銭の額及び給付を受けた金銭以外の資産の価額その他の対価の額に相当する金額からその発行により増加した資本金の額又は出資金の額(法人の設立による株式の発行にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)を減算した金額

イ 新株予約権(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第17項(定義)に規定する新投資口予約権を含む。以下同じ。)の行使によりその行使をした者に自己の株式を交付した場合

ロ 取得条項付新株予約権(法第61条の2第14項第5号(有価証券の譲渡益又は譲渡損の益金又は損金算入)に規定する取得条項付新株予約権をいう。ロ及び第3号において同じ。)又は取得条項付新株予約権が付された新株予約権付社債の同項第5号に定める事由による取得の対価として自己の株式を交付した場合(同項に規定する場合に該当する場合に限る。)

ハ 合併、分割、適格現物出資、株式交換又は株式移転により被合併法人の株主等、分割法人(法第2条第12号の9イに規定する分割対価資産(以下この項において「分割対価資産」という。)の全てが分割法人の株主等に直接に交付される分割型分割にあっては、当該株主等)、現物出資法人、株式交換完全子法人の株主又は株式移転完全子法人の株主に自己の株式を交付した場合

ニ 適格現物出資に該当しない現物出資(法第62条の8第1項(非適格

合併等により移転を受ける資産等に係る調整勘定の損金算入等)に規定する非適格合併等に該当するものに限る。)により現物出資法人に自己の株式を交付した場合

ホ 適格分社型分割又は適格現物出資により分割承継法人又は被現物出資法人に自己が有していた自己の株式を移転した場合

ヘ 金銭等不交付株式交換(法第61条の2第9項に規定する金銭等不交付株式交換をいう。第10号において同じ。)又は株式移転(同条第11項に規定する株式移転に限る。)により自己が有していた自己の株式を株式交換完全親法人又は株式移転完全親法人に取得された場合

ト 組織変更(当該組織変更に際して当該法人の株主等に自己の株式のみを交付したものに限る。)により株式を発行した場合

チ 法第61条の2第14項第1号から第3号までに掲げる株式のこれらの号に定める事由による取得の対価として自己の株式を交付した場合(同項に規定する場合に該当する場合に限る。)

リ 株主等に対して新たに金銭の払込み又は金銭以外の資産の給付をさせないで自己の株式を交付した場合

2 新株予約権の行使によりその行使をした者に自己の株式を交付した場合のその行使に際して払い込まれた金銭の額及び給付を受けた金銭以外の資産の価額(法第61条の2第14項に規定する場合に該当する場合における当該新株予約権が付された新株予約権付社債についての社債にあっては、当該法人のその行使の直前の当該社債の帳簿価額)並びに当該法人の当該直前の当該新株予約権の帳簿価額に相当する金額の合計額からその行使に伴う株式の発行により増加した資本金の額を減算した金額

3 取得条項付新株予約権(取得条項付新株予約権が付された新株予約権付社債を含む。以下この号において同じ。)についての法第61条の2第14項第5号に定める事由による取得の対価として自己の株式を交付した場合(同項に規定する場合に該当する場合に限る。)の当該法人のその取得の直前の当該取得条項付新株予約権の帳簿価額(当該新株予約権付社債にあっては、当該法人の当該直前の当該新株予約権付社債の帳簿価額)に相当する金額からその取得に伴う株式の発行により増加した資本金の額を減算した金額

4 協同組合等及び次に掲げる法人が新たにその出資者となる者から徴収した加入金の額

イ 企業組合、協業組合、農住組合及び防災街区計画整備組合

ロ 協同組合等に該当しない農事組合法人、漁業生産組合及び生産森林組合

ハ 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2条第15項(定義)に規定する金融商品会員制法人及び同法第85条第1項(自主規制業務の委託)に規定する自主規制法人並びに会員商品取引所

5 合併により移転を受けた資産及び負債の純資産価額(次に掲げる合併の区分に応じそれぞれ次に定める金額をいう。)から当該合併による増加資本金額等(当該合併により増加した資本金の額又は出資金の額(法人を設立する合併にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)並びに当該合併により被合併法人の株主等に交付した金銭並びに当該金銭及び当該法人の株式以外の資産(当該株主等に対する法第2条第12号の8に規定する剰余金の配当等として交付した金銭その他の資産及び合併に反対する当該株主等に対するその買取請求に基づく対価として交付される金銭その他の資産を除く。以下この号において同じ。)の価額の合計額をいい、適格合併(法第61条の2第2項に規定する金銭等不交付合併に限る。)により被合併法人の株主等に法第2条第12号の8に規定する合併親法人の株式(以下この号において「合併親法人株式」という。)を交付した場合にあっては、その交付した合併親法人株式の当該適格合併の直前の帳簿価額とする。)と法第24条第2項(配当等の額とみなす金額)に規定する抱合株式(以下この号において「抱合株式」という。)の当該合併の直前の帳簿価額(法人を設立する合併で適格合併に該当しないものにあっては同項の規定により当該抱合株式に対して交付されたものとみなされる当該法人の株式その他の資産の価額とし、法人を設立する合併以外の合併で適格合併に該当しないものにあっては当該帳簿価額に同項又は同条第3項の規定により当該抱合株式に対して交付されたものとみなされる当該法人の株式その他の資産の価額のうち同条第1項の規定により法第23条第1項第1号又は第2号(受取配当等の益金不算入)に掲げる金額とみなされる金額を加算した金額とする。)とを合計した金額を減算した金額(被合併法人の全て又は当該法人が資本又は出資を有しない法人である場合には、零)

イ 適格合併に該当しない合併(ロに掲げるものを除く。) 当該合併に係る被合併法人の株主等に交付した当該法人の株式、金銭並びに当該株式及び金銭以外の資産並びに法第24条第2項の規定により抱合株式に対して交付されたものとみなされるこれらの資産の価額の合計額

ロ 適格合併に該当しない合併のうち第4条の3第2項第1号(適格組織再編成における株式の保有関係等)に規定する無対価合併で同項第2号ロに掲げる関係があるもの 当該合併により移転を受けた資産(営業権にあっては、第123条の1第3項(非適格合併等により移転を受ける資産等に係る調整勘定の損金算入等)に規定する独立取引営業権(次号ハ及び第7号ハにおいて「独立取引営業権」という。)に限る。)の価額(法第62条の8第1項に規定する資産調整勘定の金額を含む。)から当該合併により移転を受けた負債の価額(法第62条の8第2項及び第3項に規定する負債調整勘定の金額を含む。)を控除した金額

ハ 適格合併 当該適格合併に係る被合併法人の当該適格合併の日の前日の属する事業年度又は連結事業年度終了の時における資本金等の額又は連結個別資本金等の額に相当する金額

6 分割型分割により移転を受けた資産(以下この号において「移転資産」という。)及び負債(以下この号において「移転負債」という。)の純資産価額(次に掲げる分割型分割の区分に応じそれぞれ次に定める金額をいう。)から当該分割型分割による増加資本金額等(当該分割型分割により増加した資本金の額又は出資金の額(法人を設立する分割型分割にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)並びに当該分割型分割により分割法人(分割対価資産の全てが分割法人の株主等に直接に交付される分割型分割にあっては、当該株主等)に交付した金銭並びに当該金銭及び当該法人の株式以外の資産の価額の合計額をいい、適格分割型分割により分割法人に法第2条第12号の11に規定する分割承継親法人の株式(以下この号及び次号において「分割承継親法人株式」という。)を交付した場合にあっては、その交付した分割承継親法人株式の当該適格分割型分割の直前の帳簿価額とする。)及び当該法人が有していた当該分割型分割(第4条の3第6項第1号イに規定する無対価分割(以下この項において「無対価分割」という。)で同条第6項第2号イ(1)又は(2)に掲げる関係があるものに限る。)に係る分割法人の株式に係る法第61条の2第4項に規定する分割純資産対応帳簿価額(適格分割型分割に該当しない分割型分割にあっては、法第24条第3項の規定により当該株式に対して交付されたものとみなされる当該法人の株式の価額のうち同条第1項の規定により法第23条第1項第1号に掲げる金額とみなされる金額を加算した金額)を減算した金額(当該法人が資本又は出資を有しない法人である場合には、零)

イ 適格分割型分割に該当しない分割型分割(ロ及びハに掲げるものを除く。) 当該分割型分割により分割法人(分割対価資産の全てが分割法人の株主等に直接に交付される分割型分割にあっては、当該株主等)に交付した当該法人の株式その他の資産の価額の合計額

ロ 適格分割型分割に該当しない分割型分割のうち法第62条の8第1項に規定する非適格合併等に該当しないもの(無対価分割に該当するものを除く。) 当該移転資産の価額から当該移転負債の価額を減算した金額

ハ 適格分割型分割に該当しない分割型分割のうち無対価分割で第4条の3第6項第2号イ(2)に掲げる関係があるもの 当該移転資産(営業権にあっては、独立取引営業権に限る。)の価額(法第62条の8第1項に規定する資産調整勘定の金額を含む。)から当該移転負債の価額(法第62条の8第2項及び第3項に規定する負債調整勘定の金額を含む。)を控除した金額

ニ 適格分割型分割 当該適格分割型分割に係る分割法人の資本金等の額につき第15号の規定により計算した金額に相当する金額

7 分社型分割により移転を受けた資産(以下この号において「移転資産」という。)及び負債(以下この号において「移転負債」という。)の純資産価額(次に掲げる分社型分割の区分に応じそれぞれ次に定める金額をいう。)から当該分社型分割による増加資本金額等(当該分社型分割により増加した資本金の額又は出資金の額(法人を設立する分社型分割にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)並びに当該分社型分割により分割法人に交付した金銭並びに当該金銭及び当該法人の株式以外の資産の価額の合計額をいい、適格分社型分割により分割法人に分割承継親法人株式を交付した場合にあっては、その交付した分割承継親法人株式の当該適格分社型分割の直前の帳簿価額とする。)を減算した金額

イ 適格分社型分割に該当しない分社型分割(ロ及びハに掲げるものを除く。) 当該分社型分割により分割法人に交付した当該法人の株式その他の資産の価額の合計額

ロ 適格分社型分割に該当しない分社型分割のうち法第62条の8第1項に規定する非適格合併等に該当しないもの(無対価分割に該当するものを除く。) 当該移転資産の価額から当該移転負債の価額を減算した金額

ハ 適格分社型分割に該当しない分社型分割のうち無対価分割で分割法人が当該法人の発行済株式又は出資(自己が有する自己の株式を除く。)の全部を保有する関係があるもの 当該移転資産(営業権にあっては、独立取引営業権に限る。)の価額(法第62条の8第1項に規定する資産調整勘定の金額を含む。)から当該移転負債の価額(同条第2項及び第3項に規定する負債調整勘定の金額を含む。)を控除した金額

ニ 適格分社型分割 当該適格分社型分割に係る分割法人の当該適格分社型分割の直前の当該移転資産の帳簿価額から当該移転負債の帳簿価額を減算した金額

8 適格現物出資により移転を受けた資産及び当該資産と併せて移転を受けた負債の純資産価額(現物出資法人の当該適格現物出資の直前の当該資産の帳簿価額(当該資産が当該現物出資法人である公益法人等又は人格のない社団等の収益事業以外の事業に属する資産であつた場合には、当該資産の価額として当該法人の帳簿に記載された金額)から当該現物出資法人の当該適格現物出資の直前の当該負債の帳簿価額(当該負債が当該現物出資法人である公益法人等又は人格のない社団等の収益事業以外の事業に属する負債であつた場合には、当該負債の価額として当該法人の帳簿に記載された金額)を減算した金額をいう。)から当該適格現物出資により増加した資本金の額又は出資金の額(法人を設立する適格現物出資にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)を減算した金額

9 適格現物出資に該当しない現物出資(法第62条の8第1項に規定する非適格合併等に該当するものに限る。以下この号において「非適格現物出資」という。)により現物出資法人に交付した当該法人の株式の当該非適格現物出資の時の価額から当該非適格現物出資により増加した資本金の額又は出資金の額(法人を設立する非適格現物出資にあっては、その設立の時における資本金の額又は出資金の額)を減算した金額

10 株式交換(適格株式交換等に該当しない第4条の3第18項第1号に規定する無対価株式交換で同項第2号に規定する株主均等割合保有関係がないものを除く。)により移転を受けた株式交換完全子法人の株式の取得価額(第119条第1項第1号(有価証券の取得価額)に規定する費用の額が含まれている場合には、当該費用の額を控除した金額)から当該株式交換による増加資本金額等(当該株式交換により増加した資本金の額、当該株式交換により株式交換完全子法人の株主に交付した金銭並びに当該金銭及び当該法人の株式以外の資産(当該株主に対する剰余金の配当として交付した金銭その他の資産を除く。)の価額並びに次に掲げる当該株式交換の区分に応じそれぞれ次に定める金額(当該株式交換に伴い当該法人がイ又はロに規定する当該法人の新株予約権に対応する債権を取得する場合には、その債権の価額を減算した金額)の合計額をいい、適格株式交換等(金銭等不交付株式交換に限る。)により株式交換完全子法人の株主に法第2条第12号の17に規定する株式交換完全支配親法人の株式(以下この号において「株式交換完全支配親法人株式」という。)を交付した場合にあっては、当該定める金額にその交付した株式交換完全支配親法人株式の当該適格株式交換等の直前の帳簿価額を加算した金額とする。)を減算した金額

イ 適格株式交換等に該当する株式交換 当該株式交換完全子法人の当該株式交換により消滅をした新株予約権に代えて当該法人の新株予約権を交付した場合の当該株式交換完全子法人のその消滅の直前のその消滅をした新株予約権の帳簿価額に相当する金額

ロ 適格株式交換等に該当しない株式交換 当該株式交換完全子法人の当該株式交換により消滅をした新株予約権に代えて当該法人の新株予約権を交付した場合の当該新株予約権の価額に相当する金額

11 株式移転により移転を受けた株式移転完全子法人の株式の取得価額(第119条第1項第12号に規定する費用の額が含まれている場合には、当該費用の額を控除した金額)から当該株式移転の時の資本金の額及び当該株式移転により当該株式移転に係る株式移転完全子法人の株主に交付した当該法人の株式以外の資産の価額並びに次に掲げる当該株式移転の区分に応じそれぞれ次に定める金額(当該株式移転に伴い当該法人がイ又はロに規定する当該法人の新株予約権に対応する債権を取得する場合には、その債権の価額を減算した金額)の合計額を減算した金額

イ 適格株式移転 当該株式移転完全子法人の当該適格株式移転により消滅をした新株予約権に代えて当該法人の新株予約権を交付した場合の当該株式移転完全子法人のその消滅の直前のその消滅をした新株予約権の帳簿価額に相当する金額

ロ 適格株式移転に該当しない株式移転 当該株式移転完全子法人の当該株式移転により消滅をした新株予約権に代えて当該法人の新株予約権を交付した場合の当該新株予約権の価額に相当する金額

12 資本金の額又は出資金の額を減少した場合(第14号に規定する場合を除く。)のその減少した金額に相当する金額

 

13 準備金(会社法第445条第4項(資本金の額及び準備金の額)に規定する準備金その他これに類するものをいう。)の額若しくは剰余金の額を減少して資本金の額若しくは出資金の額を増加した場合のその増加した金額又は再評価積立金を資本(株式会社以外の法人の再評価積立金の資本組入に関する法律(昭和29年法律第110号)第2条(資本組入の決議)に規定する資本をいう。)に組み入れた場合のその組み入れた金額に相当する金額

14 資本又は出資を有する法人が資本又は出資を有しないこととなった場合のその有しないこととなった時の直前における資本金等の額(資本金の額又は出資金の額を除く。)に相当する金額

15 分割法人の分割型分割の直前の資本金等の額に当該分割法人の当該分割型分割に係るイに掲げる金額のうちにロに掲げる金額の占める割合(当該直前の資本金等の額が零以下である場合には零と、当該直前の資本金等の額及びロに掲げる金額が零を超え、かつ、イに掲げる金額が零以下である場合には1とし、当該割合に小数点以下3位未満の端数があるときはこれを切り上げる。)を乗じて計算した金額(当該分割型分割が適格分割型分割でない場合において、当該計算した金額が当該分割型分割により当該分割法人の株主等に交付した分割承継法人の株式(出資を含む。以下この条において同じ。)その他の資産の価額(法第62条第1項(合併及び分割による資産等の時価による譲渡)に規定する特定分割型分割(以下この号において「特定分割型分割」という。)にあっては、同項後段の規定により当該特定分割型分割に係る分割法人の株主等に交付したものとされる分割対価資産又は分割承継法人の株式の価額)を超えるときは、その超える部分の金額を減算した金額)

イ 分割型分割の日の属する事業年度の前事業年度(当該分割型分割の日以前6月以内に法第72条第1項(仮決算をした場合の中間申告書の記載事項等)又は第81条の20第1項(仮決算をした場合の連結中間申告書の記載事項等)に規定する期間についてこれらの規定に掲げる事項を記載した中間申告書又は連結中間申告書を提出し、かつ、その提出した日から当該分割型分割の日までの間に確定申告書又は連結確定申告書を提出していなかつた場合には、当該中間申告書又は連結中間申告書に係るこれらの規定に規定する期間)終了の時の資産の帳簿価額から負債(新株予約権に係る義務を含む。)の帳簿価額を減算した金額(当該終了の時から当該分割型分割の直前の時までの間に資本金等の額又は利益積立金額(第9条第1項第1号又は第6号(利益積立金額)に掲げる金額を除く。)が増加し、又は減少した場合には、その増加した金額を加算し、又はその減少した金額を減算した金額)

ロ 分割型分割の直前の移転資産(当該分割型分割により当該分割法人から分割承継法人に移転をした資産をいう。)の帳簿価額から移転負債(当該分割型分割により当該分割法人から当該分割承継法人に移転をした負債をいう。)の帳簿価額を控除した金額(当該金額がイに掲げる金額を超える場合(イに掲げる金額が零に満たない場合を除く。)には、イに掲げる金額)

16 現物分配法人の適格株式分配の直前の当該適格株式分配によりその株主等に交付した法第2条第12号の15の2に規定する完全子法人の株式(次号において「完全子法人株式」という。)の帳簿価額に相当する金額

17 現物分配法人の適格株式分配に該当しない株式分配の直前の資本金等の額にイに掲げる金額のうちにロに掲げる金額の占める割合(当該直前の資本金等の額が零以下である場合には零と、当該直前の資本金等の額及びロに掲げる金額が零を超え、かつ、イに掲げる金額が零以下である場合には1とし、当該割合に小数点以下3位未満の端数があるときはこれを切り上げる。)を乗じて計算した金額(当該金額が当該株式分配により当該現物分配法人の株主等に交付した完全子法人株式その他の資産の価額を超える場合には、その超える部分の金額を減算した金額)

イ 当該株式分配を第15号イの分割型分割とみなした場合における同号イに掲げる金額

ロ 当該現物分配法人の当該株式分配の直前の当該株式分配に係る完全子法人株式の帳簿価額に相当する金額(当該金額が零以下である場合には零とし、当該金額がイに掲げる金額を超える場合(イに掲げる金額が零に満たない場合を除く。)にはイに掲げる金額とする。)

18 資本の払戻し等(法第24条第1項第4号に規定する資本の払戻し(法第23条第1項第2号に規定する出資等減少分配を除く。)及び解散による残余財産の1部の分配をいう。以下この号において同じ。)に係る減資資本金額(当該資本の払戻し等の直前の資本金等の額にイに掲げる金額のうちにロに掲げる金額の占める割合(当該直前の資本金等の額が零以下である場合には零と、当該直前の資本金等の額が零を超え、かつ、イに掲げる金額が零以下である場合には1とし、当該割合に小数点以下3位未満の端数があるときはこれを切り上げる。)を乗じて計算した金額をいい、当該計算した金額が当該資本の払戻し等により交付した金銭の額及び金銭以外の資産の価額(適格現物分配に係る資産にあっては、その交付の直前の帳簿価額)の合計額を超える場合には、その超える部分の金額を減算した金額とする。)

イ 当該資本の払戻し等を第15号イの分割型分割とみなした場合における同号イに掲げる金額

ロ 当該資本の払戻しにより減少した資本剰余金の額又は当該解散による残余財産の1部の分配により交付した金銭の額及び金銭以外の資産の価額(適格現物分配に係る資産にあっては、その交付の直前の帳簿価額)の合計額(当該減少した資本剰余金の額又は当該合計額がイに掲げる金額を超える場合には、イに掲げる金額)

19 出資等減少分配(法第23条第1項第2号に規定する出資等減少分配をいう。以下この号において同じ。)に係る分配資本金額(当該出資等減少分配の直前の資本金等の額にイに掲げる金額のうちにロに掲げる金額の占める割合(当該直前の資本金等の額が零以下である場合には零と、当該直前の資本金等の額が零を超え、かつ、イに掲げる金額が零以下である場合には1とし、当該割合に小数点以下3位未満の端数があるときはこれを切り上げる。)を乗じて計算した金額をいい、当該計算した金額が当該出資等減少分配により交付した金銭の額を超える場合には、その超える部分の金額を減算した金額とする。)

イ 当該出資等減少分配の日の属する事業年度の前事業年度終了の時の資産の帳簿価額から負債の帳簿価額を減算した金額(当該終了の時から当該出資等減少分配の直前の時までの間に資本金等の額又は利益積立金額(第9条第1項第1号に掲げる金額を除く。)が増加し、又は減少した場合には、その増加した金額を加算し、又はその減少した金額を減算した金額)

ロ 当該出資等減少分配による出資総額等の減少額として財務省令で定める金額(当該金額がイに掲げる金額を超える場合には、イに掲げる金額)

20 法第24条第1項第5号から第7号までに掲げる事由(以下この号において「自己株式の取得等」という。)により金銭その他の資産を交付した場合の取得資本金額(次に掲げる場合の区分に応じそれぞれ次に定める金額をいい、当該金額が当該自己株式の取得等により交付した金銭の額及び金銭以外の資産の価額(適格現物分配に係る資産にあっては、その交付の直前の帳簿価額)の合計額を超える場合には、その超える部分の金額を減算した金額とする。)

イ 当該自己株式の取得等をした法人が1の種類の株式を発行していた法人(口数の定めがない出資を発行する法人を含む。)である場合 当該法人の当該自己株式の取得等の直前の資本金等の額を当該直前の発行済株式又は出資(自己が有する自己の株式を除く。)の総数(出資にあっては、総額)で除し、これに当該自己株式の取得等に係る株式の数(出資にあっては、金額)を乗じて計算した金額(当該直前の資本金等の額が零以下である場合には、零)

ロ 当該自己株式の取得等をした法人が2以上の種類の株式を発行していた法人である場合 当該法人の当該自己株式の取得等の直前の当該自己株式の取得等に係る株式と同1の種類の株式に係る種類資本金額を当該直前の当該種類の株式(当該法人が当該直前に有していた自己の株式を除く。)の総数で除し、これに当該自己株式の取得等に係る当該種類の株式の数を乗じて計算した金額(当該直前の当該種類資本金額が零以下である場合には、零)

21 自己の株式の取得(適格合併又は適格分割型分割による被合併法人又は分割法人からの引継ぎを含むものとし、前号に規定する自己株式の取得等(合併による合併法人からの取得、分割型分割に係る分割法人の株主等としての取得、適格分割に該当しない無対価分割による取得で第23条第3項第5号(所有株式に対応する資本金等の額又は連結個別資本金等の額の計算方法等)に掲げる事由による取得に該当しないもの及び法第2条第12号の5の2に規定する現物分配による現物分配法人からの取得を除く。)及び法第61条の2第14項第1号から第3号までに掲げる株式のこれらの号に定める事由による取得で同項に規定する場合に該当するものを除く。以下この号において同じ。)の対価の額に相当する金額(その取得をした自己の株式が次に掲げるものである場合には、それぞれ次に定める金額に相当する金額)

イ その取得をした自己の株式を有価証券とみなした場合に当該自己の株式が第119条第1項第5号から第9号まで、第26号又は第27号に掲げる有価証券に該当するときにおける当該自己の株式(ロに掲げるものを除く。) これらの号に定める金額(同項第5号から第9号までに掲げる有価証券に該当する場合にあっては、これらの号に規定する費用の額を除く。)

ロ 適格合併、適格分割、適格現物出資又は適格現物分配により移転を受けた自己の株式 第123条の3第3項(適格合併及び適格分割型分割における合併法人等の資産及び負債の引継価額等)に規定する帳簿価額、第123条の4(適格分社型分割における分割承継法人の資産及び負債の取得価額)に規定する帳簿価額、第123条の5(適格現物出資における被現物出資法人の資産及び負債の取得価額)に規定する帳簿価額に相当する金額(同条に規定する費用の額が含まれている場合には、当該費用の額を控除した金額)又は第123条の6第1項(適格現物分配における被現物分配法人の資産の取得価額)に規定する帳簿価額

22 当該法人(内国法人に限る。)が法第24条第1項各号に掲げる事由(法第61条の2第2項の規定の適用がある合併、同条第4項に規定する金銭等不交付分割型分割及び同条第8項に規定する金銭等不交付株式分配を除く。以下この号及び第6項において「みなし配当事由」という。)により当該法人との間に完全支配関係がある他の内国法人から金銭その他の資産の交付を受けた場合(法第24条第1項第2号に掲げる分割型分割、同項第3号に掲げる株式分配、同項第4号に規定する資本の払戻し若しくは解散による残余財産の1部の分配又は口数の定めがない出資についての出資の払戻しに係るものである場合にあっては、その交付を受けた時において当該他の内国法人の株式を有する場合に限る。)又は当該みなし配当事由により当該他の内国法人の株式を有しないこととなった場合(当該他の内国法人の残余財産の分配を受けないことが確定した場合を含む。)の当該みなし配当事由に係る同項の規定により法第23条第1項第1号又は第2号に掲げる金額とみなされる金額及び当該みなし配当事由(当該残余財産の分配を受けないことが確定したことを含む。)に係る法第61条の2第17項の規定により同条第1項第1号に掲げる金額とされる金額の合計額から当該金銭の額及び当該資産の価額(適格現物分配に係る資産にあっては、第123条の6第1項の規定により当該資産の取得価額とされる金額)の合計額を減算した金額に相当する金額(当該みなし配当事由が法第24条第1項第1号に掲げる合併である場合の当該合併に係る合併法人にあっては、零)

2 前項第210号ロに規定する種類資本金額とは、同号に規定する自己株式の取得等の直前までのその種類の株式の交付(次項に規定する場合における同項に規定する合併等による交付を除く。)に係る増加した資本金の額又は出資金の額及び前項第1号から第11号までに掲げる金額の合計額から当該自己株式の取得等の直前までのその種類の株式に係る同項第15号から第22号までに掲げる金額の合計額(第5項に規定する場合における前項第15号から第17号までに掲げる金額を除く。)を減算した金額をいう。

3 第1項の法人を合併法人、分割承継法人、被現物出資法人、株式交換完全親法人又は株式移転完全親法人とする合併、分割、適格現物出資、同項第9号に規定する非適格現物出資、株式交換又は株式移転(当該法人の株式が交付されるものに限る。以下この項において「合併等」という。)が行われた場合(当該法人が当該合併等の直後に2以上の種類の株式を発行している場合に限る。)には、当該合併等に係る増加した資本金の額又は出資金の額及び第1項第5号から第11号までに掲げる金額の合計額を当該合併等により交付した株式の当該合併等の直後の価額の合計額で除し、これに当該合併等により交付した当該種類の株式の当該合併等の直後の価額の合計額を乗じて計算した金額を、当該種類の株式に係る前項の種類資本金額に加算する。

4 2以上の種類の株式を発行する法人を合併法人、分割承継法人又は株式交換完全親法人とする合併、分割又は株式交換(当該法人の株式が交付されないものに限る。以下この項において「合併等」という。)が行われた場合には、当該合併等に係る第1項第5号から第7号まで又は第10号に掲げる金額を当該法人の発行済株式又は出資(自己が有する自己の株式及び償還株式(法人が次に掲げる株式及び次に掲げる株式以外の株式を発行している場合における次に掲げる株式をいう。以下この項及び第6項において同じ。)を除く。)の当該合併等の直後の価額の合計額で除し、これに各種類の株式ごとにその種類の株式(自己が有する自己の株式及び償還株式を除く。)の当該合併等の直後の価額の合計額を乗じて計算した金額を、それぞれその種類の株式に係る第2項の種類資本金額に加算する。

1 法人がその発行する1部の株式の内容として株主等が当該法人に対して確定額又は確定額とその確定額に対する利息に相当する金額との合計額の金銭を対価として当該株式の取得を請求することができる旨の定めを設けている場合の当該株式

2 法人がその発行する1部の株式の内容として当該法人が1定の事由が発生したことを条件として確定額又は確定額とその確定額に対する利息に相当する金額との合計額の金銭を対価として当該株式の取得をすることができる旨の定めを設けている場合の当該株式

5 2以上の種類の株式を発行する法人が自己を分割法人又は現物分配法人とする分割型分割又は株式分配(以下この項において「分割型分割等」という。)を行った場合には、当該分割型分割等に係る第1項第15号から第17号までに掲げる金額を当該法人の発行済株式又は出資(自己が有する自己の株式及び当該分割型分割等によってその価額が減少しなかつたと認められる種類の株式を除く。)の当該分割型分割等の直後の価額の合計額で除し、これに各株式の種類ごとにその種類の株式(自己が有する自己の株式及び当該分割型分割等によってその価額が減少しなかつたと認められる種類の株式を除く。)の当該分割型分割等の直後の価額の合計額を乗じて計算した金額を、それぞれその種類の株式に係る第2項の種類資本金額から減算する。

6 2以上の種類の株式を発行する法人が第1項第22号に規定する場合に該当する場合には、同号のみなし配当事由(同号の残余財産の分配を受けないことが確定したことを含む。以下この項において同じ。)に係る同号に掲げる金額を当該法人の発行済株式又は出資(自己が有する自己の株式及び償還株式を除く。)の当該みなし配当事由が生じた時の直後の価額の合計額で除し、これに各種類の株式ごとにその種類の株式(自己が有する自己の株式及び償還株式を除く。)の当該直後の価額の合計額を乗じて計算した金額を、それぞれその種類の株式に係る第2項の種類資本金額から減算する。

7 法人が法第61条の2第14項第1号から第3号までに掲げる株式(以下この項において「旧株」という。)のこれらの号に定める事由による取得(同条第14項に規定する場合に該当する場合に限る。)の対価として自己の株式(以下この項において「新株」という。)の交付をした場合には、当該事由が生じた時の直前の旧株と同1の種類の株式に係る第2項の種類資本金額を当該種類の株式(自己が有する自己の株式を除く。)の総数で除し、これに当該取得をした株式の数を乗じて計算した金額を、当該新株と同1の種類の株式に係る同項の種類資本金額に加算し、当該旧株と同1の種類の株式に係る同項の種類資本金額から減算する

 

「 別表 」      ここに記載することで資本金からの増減が申告できる。